INFORMATION

<お知らせ> 2006年7月16日(日) グローバルアジア研究科 開設記念シンポジウム 「共生と発展─21世紀アジアが目指すパラダイム」 Symposium Commemorating Opening of Graduate School of Globalising Asia "Coexistence and Development: The Paradigm for Asia in the 21st Century"

場所:鶴川キャンパス30号館大教室
主催:国士舘大学グローバルアジア研究科・国士舘大学アジア・日本研究センター

Date    July 16th, 2006 SUN 15:00~18:00
Venue  Kokushikan University Tsurukawa Campus No.30 building 101 room 

<基調講演>
黒川紀章(建築家)「共生のパラダイムと日本の未来」
Ishengul Boldjurova イシェングル・ボルジュロワ(政治学者、キルギス国立民族大学前学長)「グローバル化と共生 ─ 中央アジアからの視点」

<Keynote Lecture>
Kisho Kurokawa(Architect) "Paradigm of Coexistence and the Future of Japan"
Ishengul Boldjurova(Political Scientist, ex-Vice-Prime-Minister) "Globalization and Coexistence: Viewpoints from Central Asia" 

<総合司会>
梶原景昭(国士舘大学大学院グローバルアジア研究科委員長)
<General Chair>
Kageaki Kajiwara (Dean, Graduate School of Globalising Asia, Kokushikan University)

<パネリスト>
前川 和也(国士舘大学21世紀アジア学部教授)
国広 ジョージ(国士舘大学工学部教授)
山浦 瑛子(国士舘大学21世紀アジア学部教授)
<Panelist>
Kazuya Maekawa(Professor, School of Asia 21, Kokushikan University)
George Kunihiro (Professor, Faculty of Engineering, Kokushikan University)
Eiko Yamaura (Professor, School of Asia 21, Kokushikan University) 
     
<モデレーター>
佐藤研一(国士舘大学21世紀アジア学部教授)
<Moderator>
Kanichi Sato (Professor, School of Asia 21, Kokushikan University)