INFORMATION

<お知らせInformation>2009年1月24日(土) シンポジウム:社会貢献と起業活動 ─21世紀アジアにおける国際協力とNGOの役割 第3回─the Roles of International NGOs of theof the 21st Century in Asia 'the Social Responsibility and Entrepreneurial Activity'

日時:2009年1月24日(土)13:30〜
場所:国士舘大学 梅ヶ丘キャンパス 34B301 教室

Date January 24th, 2009 13:30~
Venue Kokushikan University, Umegaoka Campus,
  Room 34B301

講演者
東 富彦:日本電気株式会社(NEC)CSR推進本部社会貢献室長
村田 早耶香:特定非営利活動法人(NPO)かものはしプロジェクト 共同代表

開催趣旨:
 学生による起業と社会貢献活動の実践のプロセスを、まだ始まったばかりではありますが、現状の報告を行い、在学生に対して広く告知をし、今後の活動への参加の道を開きます。また、社会貢献と起業という2点から、実際の活動家を招いて、現場の実態をお話していただきます。更に、起業支援を行っている組織の方からも起業プロセスにおいて要となるポイントをご紹介いただきます。尚、今回の企画は、NGOの代表をお招きし、アジアの支援現場のお話をしていただきますこともあり、AJセンターの支援を受け、これまで研究を重ねてきました『21世紀アジアにおける国際協力とNGOの役割』の第3回も併催しまして、更なる研究成果の還元を行います。

 

時間
講演者
内容
13:30
司会
歓迎の挨拶と趣旨の説明
13:40
若林 克彦
大学の環境と学生支援への取り組み
13:55
中山 雅之
起業とSVLの取り組みの現状
14:25
学生事務局長
Green projectの実際
14:55
休 憩
 
15:10
東 富彦
NECの社会貢献活動と社会起業塾の起業支援活動
15:55
村田 早耶香
かものはしプロジェクトと起業
16:40
司会者
質疑と終了の挨拶

講演者
東 富彦:
電気通信大学卒業後NECへ入社、企業向けソフトウェアの研究開発に従事。
2001年 青山学院大学大学院にて国際経営学修士取得。
2006年 社会貢献室へ社内人材公募により異動。
社会福祉分野のプログラムを担当。
2008年 4月より現職。全世界のNECグループ社員が参加するボランティア運動「NEC Make-a-Difference Drive」をはじめとする、NEC社会貢献活動全体の戦略立案に従事。

村田 早耶香:
2001年 第2回子どもの商業的性的搾取に反対する世界会議若者代表
2004年 フェリス女学院大学国際交流学部卒業
2006年 日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー
2007年 TOYPを受賞
かものはしプロジェクトを創業

若林克彦:
国士舘大学学長/アジア・日本研究センター長/SVL部長

中山雅之:
国士舘大学21世紀アジア学部准教授/アジア・日本研究センター運営委員/SVL統括執行役

front.JPG   back.JPG