INFORMATION

<お知らせ> 2009年10月17日(土) シンポジウム「韓流再考―アジア文化交流の開花に向けて」

日時: 2009年10月17日(土)  受付開始 12:30、開場 13:00、開演 13:30
場所: 駐日韓国大使館 韓国文化院 ハンマダンホール

Date   October 17th, 2009 13:30~
Venue Hanmadan Hall, Korean Cultural Center, Korean Embassy

パネリスト
黒田福美(俳優・エッセイスト)
関谷元子(音楽評論家)
片岡朋行(弁護士)
金 容範(株式会社アミューズ)
玉置直司(日本経済新聞)
申 景浩(国士舘大学)

ドラマや映画、音楽など、身近に韓国を感じる機会も多いのではないでしょうか。
日本における韓流ブームはすでに終わったという観測もありますが、韓国文化の人気はすでに社会のさまざまな次元に定着しているといえます。
このシンポジウムでは、各分野で実際に韓流を支えてきた方々を招き、ブームの意味をいろいろな角度から批判的かつ建設的に再検討し、アジアにおける文化交流の未来にむけて具体的なビジョンを考えてみたいと思います。

主催:国士舘大学アジア・日本研究センター
共催:駐日大韓民国大使館 韓国文化院

プログラム
13:30-15:30 パネルディスカッション
15:30-15:45 休憩
15:45-16:15 パフォーマンス(KIHOO、GONI)

入場無料
お問い合わせ、お申し込みは下記フォームまで
(定員になり次第受付終了)
http://www.a-jrc.jp/contact.html

091006_hanryu_poster1_ss.JPG091006_hanryu_poster2_ss.JPG