SYMPOSIUM

2009年12月5日(土)シンポジウム「アジアの焼畑から何が見えるか」Symposium "The Matters We Could See From Swidden Field in Asia"を行いました。

日 時:2009年12月5日(土)13:00~17:30
場 所:国士舘大学 梅ヶ丘校舎 34号館B303教室 
共 催:国士舘大学アジア・日本研究センター
            
総合地球環境学研究所・里プロジェクト

Date  5th, December, 2009 SAT 13:00~17:30
Venue  Kokushikan University Umegaoka Campus, No.34 buliding B303 classroom 
Co-host  Asia-Japan Research Center, Kokushikan University
                Research Institute for Humanity and Nature

ico_pdf.gif 講演内容PDF
 

プログラム:
13:00~13:10 趣旨説明  原田信男(国士舘大学21世紀アジア学部)
13:10~14:00 日本の焼畑から  姫田忠義(民族文化映像研究所)
14:00~14:50 ラオスの焼畑から 川野和昭(鹿児島県黎明館)
15:00~15:30 沖縄の焼畑  宮平盛晃(沖縄県宜野湾市教育委員会)
15:30~16:00 台湾の焼畑  山田仁史(東北大学文学部)
16:00~16:10 総括コメント  佐藤洋一郎(総合地球環境学研究所)
16:20~17:30 全体討論  コメンテーター:前川和也(国士舘大学21世紀アジア学部)

※シンポジウムに先立ち、11:30~12:00に姫田忠義監督作品映画「椿山――焼畑に生きる」29分を上映しました。

Program
13:00~13:10  Opening Note  Nobuo Harada (School of Asia 21, Kokushikan University)
13:10~14:00  From Swidden Field in Japan  Tadayoshi Himeda (Center for Ethnological Visual Documentation)
14:00~14:50  From Swidden Field in Laos  Kazuaki Kawano (Kagoshima Prefectural Museum of Culture REIMEIKAN)
15:00~15:30  Swidden Field in Okinawa  Moriaki Miyahira  (Ginowan City Education Board, Okinawa)
15:30~16:00  Swidden Field in Taiwan  Hitoshi Yamada (Faculty of Arts and Letters, Tohoku University)
16:00~16:10  Overview  Yoichiro Sato (Research Institute for Humanity and Nature)
16:20~17:30  Discussion  Commentator : Kazuya Maekawa (School of Asia 21, Kokushikan University)

※Prior to the symposium, "Tsubayama--Living in Swidden Field," a movie directed by Tadayoshi Himeda, was shown.

当日はあいにくのお天気の中、約30名の方にご参加いただきました。
どうもありがとうございました。

About 30 audiences had attended at the day.
Thank you very much.

20091205_HaradaSympo.gif