SYMPOSIUM

2011年6月18日(土)国際シンポジウム「未来へつなぐ世界遺産のあり方―東アジアの場合―」International Symposium 'How the World Heritage Should Be Toward the Future- in the cases of the East Asia-'を行いました。

日時:2011年6月18日(土) 14:00~16:00
場所:国士舘大学世田谷キャンパス34号館B302教室
講演者:姜 大一(国立韓国伝統文化大学校 韓国) 
                    「韓国における保存と活用」
杜 暁帆(ユネスコ北京事務所 中国) 
                    「中国世界遺産の現状と課題」
沢田 正昭(国士舘大学 日本) 
                    「日本における世界遺産と観光」

Date  18th, June, 2011 SAT 14:00~16:00
Venue  Kokushikan University Setagaya Campus No.34 building, B302 classroom
Lecturer Dai-Ill Kang (The Korean National University of Cultural Heritage)
                    'Conservation and Utilization in Korea'
              Du Xiaofan (UNESCO Beijing Office)
                    'The Current Condition and Agendas of the World Heritages in China'
              Masaaki Sawada (Kokushikan University) 
                    'The World Heritage and Tourism in Japan'

当日は学生、研究者、一般の方を含め、約100名の方にいらしていただきました。
ありがとうございました。

About 100 participants, including students, researchers, and general publics, had attended the symposium.
Thank you very much

IMG_0202.JPG

IMG_0214.JPG

IMG_0220.JPG