SYMPOSIUM

2011年10月12日(水)~15日(土)国際シンポジウム「東アジアにおける文化遺産の永続的な保存と活用」 International Symposium 'Sustainable Preservation and Utilization of Cultural Heritage in East Asia'を行いました。

日時:2011年10月12日(水)~15日(土)
場所:重慶文化遺産保護中心 中国

Date  12th, October, WED ~ 15th, October, SAT 2011
Venue  Chongqing Culture Heritage Conservation Center, China

発表:
黄克忠(中国文化遺産研究院)「中国古跡保護の当面するチャンスと挑戦」
澤田正昭(国士舘大学)「日本世界遺産の保存と活用」
姜大一(韓国伝統文化大学)「韓国世界文化遺産の保護と利用」
袁東山(重慶文化遺産保護中心)「合川魚釣城遺跡文化遺産保護の実践と探索」
李午憙(韓国伝統文化大学)「崇礼門の復元と伝統技術」
西浦忠輝(国士舘大学)「長崎県、重要文化財・幸橋の保存と活用」
孫華(北京大学)「揚子江三峡ダム三大文物保護事業についての評価」
岩崎好規(サイバー大学)「アンコール地域の水資源開発の教訓」
魏光徹(韓瑞大学)「韓国考古遺跡の保存方法についての研究」
王紅光(貴州省文物局)「村落文化遺産保護において貴州省の実践」
石崎武志(東京文化財研究所)「遺跡保存に関わる水分移動解析」
王建新(西北大学)「東西文化遺産保存理念と実践の異同」
傅晶(中国建築設計院建築歴史研究所)「文化遺産保護計画若干問題についての探り」
朴東煕(早稲田大学)「アンコール遺跡の保存と地域社会」
白九江(重慶文化遺産保護中心)「都市景観視野下の文化遺産保護の一考察」
金益柱(C&T Inc. /鏡潭研究所)「三国時代木製矢筒の分析と保存」
梁泌承(ソウル歴史博物館)「韓国陶磁器の修理と復元の歴史」
(発表順)

見学:
南宗鼓楼役所遺跡
合川釣魚城
白鶴梁古水文彫刻
奉節白帝城

booklet.jpg

P1030767.JPG