INFORMATION

<お知らせInformation>2011年11月12日(土)国際シンポジウム「フェニキア考古学から見た古代オリエント」International Sympsium 'The View of Ancient Orient from the Standpoint of Phoenician Archaeology'

日時:2011年11月12日(土) 10:30~18:00
場所世田谷キャンパス梅ケ丘校舎34号館B304教室

Date  12th, October, 2011 SAT 10:30~18:00
Venue   Setagaya Campus, No.34building, B304Classroom

 10:30          開会  
 10:35-10:50 歓迎の辞          沢田 正昭(国士舘大学)
 
10:50-11:15 趣旨説明          泉 拓良(京都大学) 
 11:15-12:15 「チュニジアのフェニキア・カルタゴ遺跡の発掘」
                               
             アハメッド・フェルジャウィ(チュニジア考古学研究所) 
                                              代理:佐藤 育子(東京女子大学)

 
12:15-13:30 昼食休憩 
 
13:30-14:30 「シチリアのフェニキア・カルタゴ遺跡の発掘」 
                                 ジョアキーノ・ファルソーネ(イタリア、パレルモ大学) 
 
14:30-15:30 「南レバノンのフェニキア遺跡」 
                               ハッサン・バダウィ(レバノン大学) 
 15:30-15:45 休憩 
 15:45-16:30 「レバノン・ティール遺跡、最近の発掘成果」   
                                       ナーデル・シクラウィ(レバノン考古局) 
 16:30-17:15 「ティール市近郊ラマリ遺跡の発掘」  
 
                                     辻村純代(国士舘大学) 
 
17:00-18:00 講評と意見交換    
                     
岡田 保良(国士舘大学) 
(通訳は介しませんが、外国語発表には日本語訳資料を用意する予定です)  


お問い合わせ・参加申し込みは下記フォームまで
Please contact the below for the details.
http://www.a-jrc.jp/contact.html

ico_pdf.gif ポスター表

ico_pdf.gif ポスター裏