PUBLICATION

AJ Journal 08を発行しました Publication of AJ Journal 08

20140529173908.jpg執筆者(掲載順)
<論説>
高橋 伸子/竹村 英二
<研究ノート>
河先 俊子




Authors:
<Article>
Nobuko Takahashi / Eiji Takemura
<Research Note>
Toshiko Kawasaki

以下の作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。


論説 


会計の有用性の変移

―第一国立銀行,第四国立銀行の検討から
The Transformation of the Financial Accounting Function after the Foundation of National Bank 

高橋 伸子
Nobuko Takahashi


儒学/漢学と明治初期の知性
―近代知性の「基体」としての十八世紀以降の漢学世界における学問発展
Confucian Studies in the Tokugawa Period and the Modern Intellectual Foundation 

竹村 英二
Eiji Takemura

 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

研究ノート

韓国人日本語教師のライフストーリー
―「日本語に関わる自己」の変容を中心として
Life Story of a Korean Japanese Language Teacher:
In Light of the Transformation of "Self Engaging in the Japanese Language"

河先 俊子
Toshiko Kawasaki 

ico_pdf.gifKawasaki.pdf

 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス