SYMPOSIUM

2013年11月30日(土)国際シンポジウム「東アジアにおけるスポーツ・ナショナリズムと国際協調のゆくえ」Sport Nationalism and the Prospect of International Cooperation in East Asiaを行いました。

日時:2013年11月30日(土)13:00~
場所:世田谷キャンパス34号館B棟301教室

Date 30th, November, 2013, SAT 13:00~
Venue Setagaya Campus, 34th Building, B 301classroom


13:00 開会
センター長挨拶 柴田德文(国士舘大学)
問題提起 土佐昌樹(国士舘大学) 
13:20 第1部:政策から
イ・ヨンシク(韓国 体育科学研究院)「韓国スポーツ政策の変化と今後の展望」
鲍明晓 Bao Mingxiao(中国 国家体育総局研究所)「中国の体育体制と政策」
田原淳子(国士舘大学)「日本におけるスポーツ政策と国際競技大会」
コメント:菊幸一(筑波大学)
ディスカッション

14:50 休憩 

15:10 第2部:社会から 
陸小聰 Lu Xiaocong(中国 上海大学)「競争と共生――スポーツにおけるナショナリズムとその転向」
コ・ウナ(韓国 体育科学研究院)「国家主義、企業民族主義、そしてグローバル化
――キム・ヨナを通じてみたスポーツ・セレブリティと国家の意味」
小石原美保(国士舘大学)「活字メディアの言説を通してみる日本のスポーツ・ナショナリズム
――スポーツ選手のアイデンティティの両義性」
森川貞夫(日本体育大学)「アジアでのスポーツによる国際協調と真のスポーツの発展のために」
コメント:梶原景昭(国士舘大学)
ディスカッション

司会進行:土佐昌樹

13:00 
Opening Remarks by Tokubumi Shibata, Director of AJRC, KU
Introductory Talk by Masaki Tosa, KU 
13:20 Session I: From Policies
Change and Prospect of Sport Policies in South Korea
Lee Yongsik, Korea Institute of Sport Science
System and Policies of Sport in China
Bao Mingxiao, National Research Institute of Sport Science, China
Japan's Sport Policies and International Competitions
Junko Tahara, KU 
Remarks by Koichi Kiku, University of Tsukuba
Discussion

14:50 Coffee-break 

15:10 Session II: From Society
Competition and Coexistence: Nationalism and its Conversion in Sport
Lu Xiaocong, Shanghai University
Statism, Corporate Nationalism, and Globalization:
Sports Celebrity and the Meaning of Nation seen from Kim Yuna
Koh Eunha, Korea Institute of Sport Science
Japan's Sport Nationalism seen from the Discourse in Print Media: Ambiguous Identity of Athletes
Miho Koishihara, KU
Toward the International Cooperation by Sports in Asia and the Genuine Development of Sport
Sadao Morikawa, Nippon Sport Science University
Remarks by Kageaki Kajiwara, KU
Discussion
Moderator: Masaki Tosa

当日は内外から専門の研究者にお集まりいただき、
非常に高度かつ多角的なディスカッションを行うなど、
実り多き会となりました。
参加してくださった方々には、心からの感謝を申し上げます。
誠にありがとうございました。

 IMG_0031.JPG

IMG_0037.JPG

IMG_0048.JPG