SEMINAR

6月3日(火)プロジェクト研究会「今、時代は ホスピタリティ産業へ」 Seminar 'Hospitality Industry: Present and Future'を行いました。

日時:6月3日(火)14:40~16:10
場所:町田キャンパス30号館303教室
講師:力石 寛夫トーマス アンド チカライシ(株) 代表取締役、玉川大学経営学部大学院 客員教授)

Date 3rd, June, 2014, TUE 14:40~16:10
Venue Machida Campus, 30th Building, 303 Classroom
Lecturer Hiroo Chikaraishi (President, Chikaraishi and Company, Inc./Visiting Professor, Tamagawa University)

コーディネーター 大森 節夫(21世紀アジア学部)
Coordinator Setsuo Omori (School of Asia 21)

力石 寛夫氏は、コーネル大学ホテルスクールに学び、その後アメリカ西海岸でホテル、レストランでの実務経験を経て帰国、トーマス アンド チカライシ株式会社代表取締役として、わが国における数多くのホテル立ち上げに参加、40年余ホスピタリティ産業のコンサルタントとして活躍、この分野での草分け的存在である。
研究会では、当該分野に関心のある学生諸氏を主たる対象として、同氏の多年にわたるご経験も含めて、ソフト面を中心に、ホスピタリティの精神とホスピタリティ産業が新たな時代の価値創造といかに直結しているかを語っていただいた。また、この分野はことさらに、仕事と自己認識、成長が密接に絡み合うところであり、自己実現、仕事の達成、顧客の満足、そして「幸福」にまで撃ってゆく全体像を明確に示してくださった。聴衆にとって、とくに学生にはまさに「眼からうろこ」の感銘深い講演となった。

20140604105217.jpg