INFORMATION

<お知らせInformation>7月2日(水)プロジェクト研究会「日中の架け橋:東アジアの学的国際交流と日本儒学」 Seminar 'Scholarly Reciprocities between the Both Sides of Japan Sea in the Late-19th and the Early-20th Centuries'

日時:7月2日(水)16:25~17:55
場所:町田キャンパス30号館201教室
講師:
李月珊(東北大学大学院日本思想史研究室)
ジェームズ・マクマレン(オックスフォード大学名誉教授/同大学ペンブローク・カレッジ名誉フェロー/英国学士院会員)

Date 2nd, July, 2014, WED 16:25~17:55
Venue Machida Campus, 30th Building, 201 Classroom
Lecturer
Li Yueshan (Tohoku University)
James McMullen (Professor Emeritus at Oxford University/Honorary Fellow at Pembroke College, Oxford University/Fellow of the British Academy)

演題:
李月珊 「釋奠研究の現状と問題点」
ジェームズ・マクマレン「時習館の釋奠をめぐる諸問題」

Lecture Title:
Li Yueshan, 'Sekiten in Japan and China: Differences Reexamined'
James McMullen, 'Japanese Sekiten in Comparative Perspective'


20140620102357.jpg

コーディネーター 竹村 英二(21世紀アジア学部)
Coordinator Eiji Takemura (School of Asia 21)

お問い合わせ・参加申込みは下記フォームまで
Please contact the below for details.
http://www.a-jrc.jp/contact/form.php