SYMPOSIUM

2014年8月2日(土)シンポジウム「日本語教育から見た国際関係」 Symposium 'International Relations from the Perspective of Japanese Language Education'を行いました。

日時:2014年8月2日(土)13:00~17:00
場所:世田谷キャンパス34号館B304教室

Date 2nd, August, 2014, SAT 13:00~17:00
Venue Setagaya Campus, 34th Building, B304 Classroom

国内外から7人の講師を招き、国際シンポジウム「日本語教育から見た国際関係」を実施しました。

21世紀アジア学部の卒業生である若菜結子氏、河合梓美氏は、それぞれインドネシア、内モンゴルで日本語教育に携わった経験に基づいて報告しました。ビシケク人文大学の氏原名美氏は、キルギスにおける日本語教育の歴史と現状について、トルコ国立ボアジチ大学の安達祥子氏は、同大学における日本語教育開始の経緯や現在の学生の学習動機、卒業後の進路などについて報告しました。また、ソフィア大学のアントン・アンドレエフ氏は、同大学の日本語学専攻の学生の特徴について報告し、埼玉大学の嶋津拓氏は、オーストラリアの日本語教育政策、日本語教育の拡大に対するオーストラリア社会の反応などについて報告しました。これらの報告から、日本との政治的、経済的、文化的な関係が日本語教育に及ぼす影響を確認できたと同時に、日本語学習者が日本人とミクロレベルの関係を構築している様子も垣間見ることができました。また、日本語を媒介とした国際関係が人と人の間、社会と社会の間だけではなく、個人の精神内にも構築されることが示唆されました。

本シンポジウムの内容は、報告書として出版しますので、ご希望の方は下記のページからお申し込みください。
http://www.a-jrc.jp/contact/form.php

On August 2, 2014, the international symposium 'International Relations from the Perspective of Japanese Language Education' was held. 7 lecturers from home and abroad reported on history, policy or trends of Japanese language education in 6 areas.

Ms. Wakana and Ms. Kawai, who graduated from Kokushikan University, made presentations based on their experiences as Japanese teachers in Indonesia and Inner Mongolia respectively. Prof. Ujihara from Bishkek Humanities University and Ms. Adachi form Boğaziçi University reported on history and Japanese-learners' trend in Kyrgyz Republic and Boğaziçi University respectively. Mr. Andreev explained the features of students majoring in Japanese language at Sofia University and Prof. Shimazu discussed the policy for Japanese language education and the response to the expansion of Japanese language education in Australia.

These reports showed how political, economic and cultural relation between Japan and other countries influence Japanese language education and implied that Japanese-learners were building up the relation with Japanese people. It was also implied that international relation mediated by Japanese language could be built not only between persons and societies but also in one's mind.

We are going to publish a bulletin report on this symposium. If you would like to receive a copy of the report, please contact us through the page below.
http://www.a-jrc.jp/contact/form.php

20140819151138.jpg

プログラム:
13:00 開会
13:20 
報告1「インドネシア人に対する教員養成の試み」 
若菜 結子(横浜国際教育学院)
13:40 
報告2「中国・内モンゴルにおける日本語教育の展開」 
河合 梓美(内蒙古師範大学外国語学部)
14:00 
報告3「頭脳流出―日本語教師のジレンマ―」
氏原 名美(ビシケク人文大学東洋国際関係学部)
14:30 休憩
14:40 
報告4「トルコにおける日本語教育の諸相」 
安達 祥子(トルコ国立ボアジチ大学)
15:10 
報告5「ブルガリアにおける日本語教育―ソフィア大学日本学専攻の例に着目して―」 
アントン・アンドレエフ(ソフィア大学)
15:40 
報告6「日本語教育から見た国際関係の理解―オーストラリアの場合―」 
嶋津 拓(埼玉大学日本語教育センター)
16:10 休憩
16:20 全体討論:金 孝卿(大阪大学国際教育交流センター)
16:50 閉会

司会:河先 俊子(21世紀アジア学部)

Program
13:00 Opening Remarks
13:20 
Presentation 1 'Attempt to Train Indonesian Teachers'
Yuiko Wakana (Yokohama International Education Academy)
13:40
Presentation 2 'Expansion of Japanese Language Education in Inner Mongolia'
Azumi Kawai (Inner Mongolia Normal University)
14:00
Presentation 3 'Human Capital Flight and Japanese Language Teacher's Dilemma'
Nami Ujihara (Bishkek Humanities University)
14:30 Coffee Break
14:40
Presentation 4 'The Various Aspects of Japanese Language Education in Turkey'
Shoko Adachi (Bogazici University)
15:10
Presentation 5 'Japanese Language Education in Bulgaria: Focusing on Sofia University'
Anton Andreev (Sofia University)
15:40
Presentation 6 'Understanding International Relations from the Point of View of Japanese Language Teaching: In the Case of Australia'
Taku Shimazu (Saitama University) 
16:10 Coffee Break 
16:20 Discussion, Kim Hyogyung (Osaka University)
16:50 Closing Remarks

Moderator: Toshiko Kawasaki(School of Asia 21)

コーディネーター 河先 俊子(21世紀アジア学部)
Coordinator Toshiko Kawasaki (School of Asia 21)