SEMINAR

1月30日(金) Seminar 'On Hospitality' プロジェクト研究会「ホスピタリティ」を行いました。

Date 30th, January, 2015, FRI 15:00~16:50
Venue Machida Campus, Library, 4F Group Study Room
Lecturer Urša Teslić Čož (Owner & CEO at Infuzija d.o.o.)
Language English

日時:1月30日(金)15:00~16:50
場所:町田キャンパス図書館4階グループスタディルーム
講師:ウルサ・テスリック・コッツ(Infuzija d.o.o.代表取締役)
使用言語:英語


Coordinator Kyoichi Tanaka (Visiting Scholar, Asia Japan Research Center)
コーディネーター 田中 恭一(アジア・日本研究センター客員研究員)

スロベニアで広くクリエイティブ・マーケティング等の分野で活躍しているウルサ・コッツ女史より、欧州でのビジネスを通じた経験を踏まえた比較の視点から、日本における「ホスピタリティ」に関するお話をいただきました。彼女は、日本において特徴的な「人と人のつながり」ということを肯定的にとらえ、「オネスティ(Honesty)」、「リスペクト(Respect)」そして「ロイヤルティー(Loyalty)」という3つのキーワードこそ、欧州が日本から学ぶべきものであると何度も強調しており、そのことが非常に印象的でした。日本発で欧州に輸出できるものがある。そのことを再認識できる刺激的な機会となりました。

20150204120135.jpg