PUBLICATION

AJ Journal 10を発行しました Publication of AJ Journal 10

20150507135111.jpgのサムネイル画像 執筆者(掲載順) 
<論説>
片岡 龍
<研究ノート>
河先 俊子/中山 雅之/柴田 德文




Authors:
<Article>
Ryū Kataoka 
<Research Note>
Toshiko Kawasaki / Masayuki Nakayama / Tokubumi Shibata



以下の作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。
The following works are licensed under Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

 


論説


退溪門下から旅軒・張顯光にいたる「公共」 ―人間主体・社会・自然―
"Doing public" (公共) from the Toegye(退溪) School to Yeoheon Jang Hyeon-gwang(旅軒・張顯光) : Human Subjectivity, Society and Nature

片岡 龍
Ryū Kataoka

Kataoka.pdf

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス



研究ノート


韓国人日本留学生の出版物『太極学報』における「民族」「国民」の意味
-コロケーション分析を用いたパイロット・スタディ-
Meanings of "Minjok" and "Kukmin" in the publications by international Korean students : Pilot study using collocation analysis

河先 俊子
Toshiko Kawasaki

Kawasaki.pdf

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス



雲南とコーヒー −国内の生産拠点を中心とした現状調査報告−
Coffee and Yunnan : Mainly the Production Base

中山 雅之
Masayuki Nakayama

Nakayama.pdf

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス



伝統文化の継承と発展 −伝統工芸の将来−
Succession and Development of Traditional Handicrafts : Its Future

柴田 德文
Tokubumi Shibata

Shibata.pdf

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス