INFORMATION

<お知らせInformation>8月1日(土)プロジェクト研究会「インドにおける日本研究の現在」 Seminar 'Today's Japanology in India'

日時:8月1日(土)16:30~19:00
場所:世田谷キャンパス 34号館A306教室
講師:タリク・シェーク(ハイデラバード外国語大学 Assistant Professor/デリー大学大学院博士課程 日本研究)
使用言語:日本語

Date:1st, August, 2015, SAT 16:30~19:00
Venue:Setagaya Campus, 34th Building, A306 Classroom
Lecturer:Tariq Sheikh(English and Foreign Languages University, Hyderabad Assistant Professor/Delhi university Graduate School Doctoral course)
Language: Japanese


プログラム:
「インドにおける日本文学研究」
ディスカッサント:津田真弓(慶應義塾大学、『山東京山年譜稿』、『江戸絵本の匠 山東京山』)
ディスカッサント:目野由希(国士舘大学)

「『北越雪譜』と〈北〉の魅力」
ディスカッサント:岡和田晃(筑波大学大学院博士課程、『北の想像力』[第35回日本SF大賞最終候補作]、『向井豊昭の闘争』)
ディスカッサント:梶原景昭(国士舘大学、基盤研究(B)「文明としての「北方」――異文化共存の可能性」[2000-2002年度、研究課題番号12490001]代表)
ディスカッサント:高橋実(作家、研究者、第52回芥川賞候補「雪残る村」、『北越雪譜の思想』、『座右の鈴木牧之』)
ディスカッサント:津田真弓(慶應義塾大学)

「インドにおける日本のポップカルチャー、日本アニメ」
ディスカッサント:小森健太朗(近畿大学、『声優論』)

休憩

「在日インド人留学生の近年の動向について――筑波大学を中心に」
ディスカッサント:ラージ・ラキ・セン(筑波大学大学院)
ディスカッサント:目野由希(国士舘大学)

「インドにおける日本語教育」
ディスカッサント:河先俊子AJセンター副センター長 (国士舘大学、『韓国における日本語教育必要論の史的展開』)

梶原景昭(国士舘大学):総括

タリク先生を囲んで、いくつかお話を頂き、それらについて討議いたします。海外における日本語教育の専門家、国文学研究の専門家、日本のポップカルチャーの専門家、若手批評家、タリク先生ご専門の『北越雪譜』の専門家をお呼びしました。
どなたでもご自由にご来場ください(無料・予約不要)。


20150727103716.jpg


コーディネーター 目野 由希(体育学部)
Coordinator Yuki Meno (Faculty of Physical Education)

お問い合わせは下記フォームまで
Please contact the below for details.
http://www.a-jrc.jp/contact/form.php