INFORMATION

<お知らせInformation> 楓門祭企画 11月3日(火・祝)AJワークショップ「箏曲ー西洋音楽の受容と変容ー」 AJ Workshop 'Koto music : changes under the influence of Western music'

日時:11月3日(火・祝)13:00~15:00
場所:世田谷キャンパス 多目的ホール
解説・演奏:松元 宏樹(箏 作曲家・演奏家)
コーディネーター:河先 俊子(21世紀アジア学部)
参加費:無料

Date: TUE (holiday), 3rd November 2015, 13:00~15:00
Venue: Setagaya Campus, Multi-purpose Hall
Lecture and Performance: Hiroki Matsumoto (Koto composer & player)
Coordinator:Toshiko Kawasaki (School of Asia 21)
Free of charge

 

アジア・日本研究センターでは楓門祭企画として、筝曲の近代化を、演奏を交えて紹介するイベントを開催します。
筝というと女性が着物を着て弾く姿や、伝統的な日本音楽を思い浮かべる方が多いと思いますが、クラシック、ジャズ、ロックといった西洋音楽の影響を受けて、楽曲も演奏スタイルも大きく変わってきました。
イベントでは今まで知らなかった新しい筝曲の一面をご覧いただけると思います。
どうぞお気軽に聞きに来てください。


Asia-Japan Research Center will hold an event to introduce Koto music during our school festival, Fumon-sai.
Thinking of Koto, a lot of people conjure an image of women in Kimono playing it or Japanese traditional music. However, it has been changing in terms of musical composition and playing techniques under the influence of Western music such as classic, jazz and rock.
In the event you will find new dimension of Koto music that you didn't know.
It is much appreciated if you would join and enjoy Koto music.



20151005154928.jpg


お問い合わせは下記フォームまで
Please contact the below for details.
http://www.a-jrc.jp/contact/form.php