AJ FORUM

2015年12月12日(土)AJフォーラム24 「漆芸の未来と貝桶制作プロジェクト」 AJ Forum 24 'The future of Japanese Lacquer Art and the Kai-Awase Container Project' を行いました。

日時:2015年12月12日(土)13:00~15:30
場所:世田谷キャンパス 34号館 3階 A306教室
講師:「雲龍庵」北村辰夫

Date:12th December 2015, SAT 13:00~15:30 
Venue:Setagaya Campus, 34th Building, 3F A306Classroom
Lecturer:UNRYUAN Kitamura Tatsuo


コーディネーター:柴田 德文(政経学部)
Coordinator:Tokubumi Shibata (Faculty of Political Science and Economics)

講師の北村辰夫氏は石川県輪島市の漆芸家。漆工房「雲龍庵」の棟梁として、徹底した技法研究に裏打ちされた漆芸作品を創り出してきた。氏の手による伽羅箱、絵香箱、印籠、文台硯などの多種多様な作品は、ロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館やオーストラリアのハミルトン美術館に収蔵されている。また、ロンドン、パリ、シカゴ、ウイーンなど海外の都市でも氏の個展が開催されてきた。
フォーラム当日は、当センター研究員を中心にした12名の参加者に向けて、北村氏が推進した貝桶制作プロジェクトの内容と、伝統産業と地域が抱える課題と未来への展望についてお話しをいただいた。

 北村氏は、オーストラリアの日本美術愛好家からの依頼により、毛利家所縁の貝桶「菊蒔絵貝桶」の制作に挑み、職人50人の制作集団を率いて、本年夏、約2年にわたるプロジェクトを完遂した。
「貝桶」は、「貝合わせ」(一つの蛤貝を見て、それと対となる貝を合わせる遊び)に用いる合わせ貝を納める道具であり、かつては公家や大名家の重要な婚礼調度品であった。しかし、近代以降は貝合わせが遊ばれることもなくなり、貝桶の制作も途絶えた。北村氏のプロジェクトは、一旦は途絶えた貝桶制作の高度な技術を現代に蘇らせる挑戦であった。
 講演の中で北村氏は「技術は人を呼ぶ」ということを説かれた。そして、高度な技術力に根ざした制作集団が伝統を次世代につなぎ、地域に事業を展開する可能性を示された。
 伝統産業とそれを培ってきた地域が抱える問題には、売上減少、後継者不足などがあげられる。これまで技術を継承してきた徒弟制度も現在では維持できない。輪島塗とて例外ではない。そのような状況において、北村氏は、制作集団モデルの構築を通じて、板紅(江戸の化粧道具)、十種香道具、腕時計文字盤などの制作・復元を実現させ、制作集団による事業展開が、組織として制作法を学べること、集団内の相互理解と尊敬を生むこと、競争力とモチベーションが高まること、そして、事業体として制作効率を向上させることを見てきた。
貝桶制作プロジェクトの困難さは、大規模な貝桶がここ100年は作られておらず、輪島に技術が伝えられなかったことにある。作品は写真や資料だけではできない。「現物」を見て、自分の「技術」をもとにした「想像」が加えられて完成した。制作工程が昔の工法どおりかどうかはわからない。しかし、「伝えられなかった空白」の技術は、現在の技術と考え方で新たに創造され、復活したといえよう。
その時代の市場の狭いニーズに応じているだけでは技術が途切れる。貝桶もその一例であろう。北村氏は、漆芸の技術を将来にわたって維持・展開させていくには市場の拡大・増大が重要な課題であると説かれた。そのためには、新しい作品の開発と技術の革新が求められるのであり、この点においても、ネームバリューやプロモーションよりも、「技術が人を呼ぶ」ことを氏はあらためて強調された。
 
20151221173636.JPG
20151221173728.JPG

講演内容 PDF
AJフォーラム24「漆芸の未来と貝桶制作プロジェクト」.pdf