INFORMATION

<お知らせInformation> 11月3日(木)「スカルノ国際共同研究シンポジウム ~21世紀の現代からスカルノ思想を考える ~」 'Symposium on the international Soekarno Study'

日時:11月3日(木・祝)9:30~13:30
場所:世田谷キャンパス34号館B303教室

講演者:
(基調講演)
「世界秩序とパンチャシラ」 プティ・グントール・スカルノ氏(インドネシア共和国国会議員、スカルノ初代大統領 御令孫、国士舘大学大学院政治学研究科客員教授)
(研究報告)
「真のスカルノ像を求めて」ボニー・トゥリヤナ(歴史ジャーナリスト)
「ブン・力ルノと国民の文化・教育」ダダン・ウマル・ダイハ二(トリサクティ大学教授)
「スカルノのナショナリズム政策とバティック ~インドネシア国民文化の創造~」戸津正勝(国士舘大学名誉教授、ハリウッド大学院大学客員教授)
「日本ーインドネシア関係と日本におけるスカルノ研究」高地薫(東京大学非常勤講師)


Date: THU, 3rd November 2016, 9:30~13:30
Venue: Setagaya Campus, 34th Building, 3F, B303 Classroom

Speakers:
(KEYNOTE SPEAKER)Mrs.Puti Guntur Soekarno (Member of MPR, Granddaughter of President Soekarno, Visiting Professor at Graduate School of Political Scienece, Kokushikan University)
(Study Reports)
Bonnie Triyana(History journalist)
Dadan Umar Daihani(Professor at School of Industrial Engineering, Tri Sakti University)
Masakatsu Tozu (Professor Emeritus at Kokushikan University, Visiting Professor at Hollywood Graduate University)
Kaoru Kouchi(Part-time Lecturer at The University of Tokyo)

コーディネーター: 柴田 德文(政経学部)
Coordinator: Tokubumi Shibata (Faculty of Political Science and Economics)

参加費:無料
Free of charge

開催趣旨:
インドネシアは、東西に延びる広大な国土・領海に、2億5千万の人口を抱え、多様な民族・社会・文化・言語を抱える国です。インドネシア初代大統領であるスカルノは第二次大戦という混乱期に、この多様な地域をまとめあげ、「多様性のなかの統一」を国是としたインドネシアというひとつの国民国家を誕生させました。

彼はまた、東西冷戦の最中に、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)を開催して新興諸国の連帯を実現し、国際社会に衝撃を与えました。彼のナショナリズム政策はパンチャシラという建国五原則に表わされるように極めて柔軟で、他国民のナショナリズムとの協調をも目指しました。

現代世界は、グローバリゼーションやボーダーレスという言葉に代表されるように国民国家の枠組みが揺らぎつつあります。しかしなお、国民国家体制に取って代わる世界体制は見出されていない状況です。その意味で現代では「国民」を基礎とした国家のあり方が、これまで以上に問われるようになっています。

当シンポジウムは、スカルノという世界史上稀有な人物の思想を再検討することにより、国際的な接触・相互存在が深化した現代において、もう一度、国民国家のあり方を問い直すことを目指しています。

スカルノはまた親日家としても有名でした。インドネシアとは対照的に、極めて均質的な社会から成る日本においてナショナリズムは硬直しがちです。この偏狭なナショナリズムに抵抗しようとする際、インドネシアの経験、その柔軟なナショナリズムには学ぶところが多いと思われます。

本シンポジウムでは、現代の国際的・国内的、政治的、経済的、社会的要求に応えうるナショナリズムのあり方の探求を通して、インドネシアと日本の間の相互理解が深まることを期待しています。


20161021191623.jpg

お問い合わせは下記フォームまで
Please contact the below for details.
http://www.a-jrc.jp/contact/form.php