INFORMATION

<お知らせInformation>5月31日(水) プロジェクト研究会「建築遺産保存における木構造と組積構造 -日本と西アジア-」 Seminar 'Comparison of structural conservation between traditional wooden and masonry properties: Japanese and West-Asian'

日時:2017年5月31日(水)14:00~16:00
場所:世田谷キャンパス 中央図書館 4階 グループスタディ室E
講師:
イコモス構造補強国際学術委員会主要メンバーを迎えて(日本イコモス国内委員会後援)
「イラン建築の視点から」メヘルダード ヘジャジ(イラン、イスファハン大学教授)
「トルコ建築の視点から」グルン アルン (トルコ、ヤルディズ大学教授)
※日本語要約あり
総合コメント:花里 利一(三重大学教授)
モデレーター:岡田 保良(国士舘大学教授) 
※参加ご希望の方は、当日、中央図書館1Fロビーに13:45に集合ください。
 会場への行き方が少し分かりづらい為、係が会場へご案内致します。


Date:31st, May, 2017, WED 14:00~16:00
Venue:Setagaya Campus, Library, 4F, Group Study Room E
Lecturers:
Inviting the leading member of the ICOMOS, "International Council on Monuments and Sites"
 (Backed up by "JAPAN ICOMOS National Committee")
'From the Iranian context' :Mehrdad Hejazi (Professor at University of Isfahan,Iran)
'From the Turkish context' :Görün Arun(Professor at Yildiz Technical University, Turkey)
Overall Comments: Toshikazu Hanazato(Professor at Mie University)
Moderator: Yasuyoshi Okada (Professor at Kokushikan University)
※If you would like to attend, please come to 1F lobby of Library, Setagaya Campus at 13:45 on 31st, May.
The route to the venue is a little difficult to go, so we'll guide to the venue then.

コーディネーター 岡田 保良(イラク古代文化研究所)
Coordinator Yasuyoshi Okada (Institute for Cultural Studies of Ancient Iraq)

20170516155740.jpg


お問い合わせは下記フォームまで
Please contact the below for details.
http://www.a-jrc.jp/contact/form.php