SEMINAR

6月16日(金)プロジェクト研究会「継続的イノベーション時代における『日本型モノづくり』の運命」 Seminar 'The Fate of "Japanese-style Production System" in the Age of Constant Innovation:A Very Short Introduction'を行いました。

日時:2017年6月16日(金)12:55~14:25
場所:町田キャンパス 30号館 1階小会議室
報告者:佐藤 研一(アジア・日本研究センター研究員)

Date:16th, June, 2017, FRI 12:55~14:25
Venue:Machida Campus, 34th Building 1F, Small Seminar Rooom
Lecturer:Kenichi Satoh(Member of Asia-Japan Reserch Center)

A-JRC研究プロジェクト「日本型モノづくりのその後とそれから」

第1回研究会(第一回共同研究者会合(非公開))での成果を踏まえ、 回研究会「継続的イノベーション時代における『日本型モノづくり』の運命」では、研究代表者が本研究プロジェクト・テーマの問題系についてその概要を報告し、それを受けて共同研究員のほか参加者全員による意見交換、研究討議を行った。

20170626154103.jpg