│2017 │201620152014201320122011201020092008

現在進行中のプロジェクト(2017)

ジャワ文化の現状に関する国際共同研究、スカルノ初代大統領及び日本占領期の王宮史料に関する国際共同研究
International study of "Present state of the Javanese culture", palaces' historical documents in the period of Japan's military occupation, and "the First President of Indonesia, Soekarno"

代表:平川 均
Hitoshi Hirakawa

本年度は、2011年度以降行ってきたAJ研とセブラスマル大学との国際合同研究の成果の一部を公刊する。それに関わる国際セミナーも開催する。スカルノ初代大統領に関する国際共同研究においても、インドネシアにて研究会を開催する予定である。日本軍政期の王宮資料館所蔵の日本統治関係史料の調査研究を行う。
The main goal of this year is to publish results of collaboration research on Javanese culture having been made by Kokushikan University and Universitas Sebelas Maret since the year of 2011. A conference of the collaboration research would be held with professors etc of Universitas Sebelas Maret in July. As for a research on the First Indonesian President Soekarno, a symposium on him will be held in Indonesia. Research on Occupation Historical Documents of Japanese Military Government in Palace's archives in Indonesia will also be made by AJ researchers.

スポーツ事業運営の国際比較研究-日本・シンガポール・カンボジア-
International comparative study on sports business management of Japan, Singapore and Cambodia

代表:後藤 貴浩
Takahiro Goto

東南アジアへ渡った日本人サッカー選手の中には、引退後も現地にとどまり、日本と東南アジアでのサッカー経験をもとに、さまざまなスポーツ事業を展開している者もいる。本プロジェクトでは、彼らが展開する事業と日本国内におけるスポーツ事業の運営論理や経営戦略の比較検討を行い、今後の東南アジアにおけるスポーツ事業の可能性と課題について探求する。
Some Japanese football players who went to Southeast Asia remain in the field even after retirement. Some of them are developing sports business based on soccer experience in Japan and Southeast Asia. The purpose of this project is to compare these sports businesses and that in Japan and explore the possibilities and issues of sports business in Southeast Asia.

南アジア圏における翻訳と日本理解
A difficult art of translation from today's Japanese culture into English at South Asia

代表:目野 由希
Yuki Meno

現在、インドでは、現代日本はどのようなイメージで理解されているのだろうか。この数年、急速に経済面での日印交流が深まる反面、南アジア圏における日本理解は、必要な深まりをみせているとはいいがたい状態にあるのではないだろうか。今回はハイデラバード英語外国大学のアルン・シャム先生をお招きし、インドにける日本理解の現状についてお話を伺う。
In contradistinction from Indo-Japan expansion of economic exchanges of recent years, there is a big lack an in-depth understanding of today's Japanese image in India. Both Indian and Japanese must optimize the opportunities for better understanding. Mr. Arun Shyam from The English and Foreign Languages University at Hyderabad India delivers a lecture on this problems. This lecture will be held to better understanding between the two countries.

日本における多文化主義の可能性
Possibilities of Multiculturalism in Japan

代表:土佐 昌樹
Masaki Tosa

日本における多文化主義の可能性について、次の3つの実践を通じて考察を進める。1)新宿区新大久保地域などにおけるボランティア活動に学生とともに従事しながら、具体的・実践的に日本おける多文化主義の実態について考える。2)NGOや関係する外部組織との協力関係を発展させる。3)小規模の研究会合を年に2度ほど開催し、この問題にたいする学術的な理解を深める。
This project aims at examining the possibilities of multiculturalism in Japan in terms of three levels of practice. 1) We undertake volunteer activities with students such as study support of foreign children in Shin-Okubo multicultural town. 2) We develop collaborative relationship with related organizations. 3) We hold a few intensive seminars to enhance academic understanding on this topic.

ホスピタリティの行方
On Hospitality

代表:梶原 景昭
Kageaki Kajiwara

これまで継続してきた、如上の研究課題について、とりまとめを目指して、この領域の拡がりを再確認することと、難民、人権、ヘイトスピーチなどの「問題群」に深く関わる、「他者対応」「他者理解」と切り結ぶ「ホスピタリティ」に関する問題提起を行う。活動の中心は研究会議および小規模なシンポジウムを予定している。
For concluding our long-standing research project on "Hospitality", we would like to ensure its wide and embracing scope on the matter. We also would like to ensure its wide and embracing scope on the matter. We also would like to put an emphasis on the current problematics; refugees, hate-speeches, and human rights violations, as the focus of our research project, through research meetings and a symposium.

木構造と組積構造の比較に基づく日本建築の特徴とその保存継承に関する研究集会
Workshop on the conservation methodology of the Japanese traditional architecture in view of the comparison between wooden and masonry structures

代表:岡田 保良
Yasuyoshi Okada

海外の建築遺産保護に豊かな経験を有するイコモス(国際記念物遺跡会議)の内部機関「構造補強国際委員会(ISCARSAH)」の有力メンバーを東京に招聘して開催する研究会。伝統的木構造を有する日本建築の文化遺産としての保存の手法が、海外の遺産保護の現場で、グローバルスタンダードとしてどこまで通用するのか、彼らがどのように評価するか、日本側参加者と意見を交換する。5月下旬を予定。
Workshop will be held, approximately in early June, inviting some of major members, both internal and external, of ICOMOS-ISCARSAH (International Scientific Committee on the Analysis and Restoration of Structures of Architectural Heritage), where the professional discussion will be expected on the application of conservation method for Japanese architectural heritage of traditional wooden structure as a global standard mainly in view of the comparison between wooden and masonry structures.

第二次大戦中ユダヤ系ポーランド難民を救済したもう一人の日本人外交官 根井三郎
Nei Saburo, Yet Another Japanese Diplomat Who Saved Jewish Refugees From Poland

代表:ジンベルグ・ヤコブ
Yakov Zinberg

本プロジェクトの目的は元在ウラジオストク総領事根井三郎 (1940年12月着任) の活動を詳細に研究することを目的とする。根井三郎は、当時在リトアニアの領事代理であった杉原千畝が発給した通過ヴィザを携行したユダヤ系難民の、日本への速やかな移送を進めた人物である。その際、根井三郎は人道主義にもとづく措置を求めて、日本国外務省に異論を唱えた経緯がある。
共同研究終了後、プロジェクト参加者は、根井三郎氏を『諸国民の正義の人』として認定するよう申請する。
The project aims at thoroughly examining the activities of Japan's Consul in Vladivostok, Nei Saburo (since December 1940). Nei Saburo secured a smooth transition to Japan of Jewish refugees who had received transit visas from Sugihara Chiune, Japan's Vice Consul in Lithuania, in 1940. Demanding humane treatment of the refugees, Nei Saburo opposed Japan's Foreign Ministry instructions.
The project participants intend to appeal for Nei Saburo's recognition as Japan's "Righteous Among the Nations".

「日本型モノづくり」のその後とそれから
The Fate of "Japanese-style Production System" in the Age of Constant Innovation

代表:佐藤 研一
Kenichi Satoh

指数関数的技術の進展やグローバル化の深化のなかで、経済のしくみや社会のありさまそのものが、大きく変わろうとしている。そのなかで、「日本型モノづくり」もまた、その消滅論も含めて、大きな転機をむかえている。このプロジェクトでは、経営学や経済学に加え、デザイン人類学やライフスタイル研究等の視点から、多角的に、その今後の展開を追う。
The Japanese-style production system (JSPS) has changed in the age of constant innovation. The purpose of this project is to explore the fate of JSPS from the comprehensive view point of management studies, economics, design anthropology and anthropological studies of life styles. The results of this project will contribute to understand not only a sunset of JSPS but also the new stage of economic, cultural and social situations with the rapid acceleration of exponential technologies and globalization.