2017201620152014 │2013 │20122011201020092008

プロジェクト(2013)

住民自治組織における自律的統治のありかたとその有効性
The Autonomous Government in a Autonomous Residents Organization and its Effectiveness

代表:高橋 伸子
Nobuko Takahashi

現在、国家に頼らない地域社会における自治組織の役割が問い直されてきている。この自治組織については、戦後の政策の中で統治機関の下請け的存在として機能した面があるが、現下の日本社会の閉塞的な状況の中で、本来的な自治組織の在り方とその可能性を検討する時期にきている。本計画では、住民自治組織における自律的統治メカニズムに焦点をあて、その実態を整理していくことから、住民自治の現状と課題を明らかにする。

The residents' autonomy had been treated like a subcontractor of the government under the policy of the late 20th century. Nowadays the role of the residents' autonomy has been significant in the current situation. In this project, the self-governance of the residents' autonomous organization will be examined. We extract the issues relating to the current circumstances.

東アジアにおけるスポーツ・ナショナリズムと国際協調のゆくえ
Sport Nationalism and the Prospect of International Cooperation in East Asia

代表:土佐 昌樹
Masaki Tosa

過去2年間を通じ、科研費の調査研究として日本、中国、韓国を中心とする東アジア三カ国において関係行政機関、ジャーナリスト、スポーツ指導者などを対象に集約的なインタビューを実施した。その過程で培われた知見とネットワークを基礎に、日中韓の代表者を集めて今年秋にAJセンター主催でシンポジウムを開催し、論議を深化させる。スポーツの社会的意義をグローバルで未来志向的な展望から捉え直す好機とする。

In the past two years, we have conducted intensive field research and interviewed related authorities, scholars, and journalists in Japan, South Korea, and China as a Kakenhi project (Grants-in-Aid for Scientific Research). Based on this result, we plan to hold an international symposium in the coming fall to promote mutual understanding and open discussion on this topic with representative scholars from three countries. This will be a great occasion to reconsider the social significance of sports in the global and prognostic perspective.

日本の近代化と精神文化・物質文化の変容
The Transformation of the Spiritual as well a Material Culture during the Japanese Modernization Period

代表:原田 信男
Nobuo Harada

日本の近代化についての研究は多いが、本研究ではこれを精神文化と物質文化という観点から、その変容を考える。とくに生活文化のレベルの問題に着目し、意識や価値観に関わるココロと、制度やシステムを含むモノの有り様が、どのように関わり合いつつ変化したのかを検討する。しかもそれが日本の周辺地域や東アジア社会のなかで、どのような意味を持ったのかを、多角的に考える。

In this project, the transformation of Japanese society in the late 19th century is examined. The correlation between the spiritual and the material side will be the focus when considering the Japanese modernization. It is examined especially with regard to how it changed in connection with the consciousness or the sense of values, a system paying attention to the issue of the level of life culture involved. Also the influence on the expansion of the modernization in Asia is significant, so this is being considered as well.

国際ペンクラブの研究――日本・中国・インドの文化交流と覇権闘争
A study of International PEN club: The Cultural Exchange and Rivalry among Japan, China and India

代表:目野 由希
Yuki Meno

この研究では、国際ペンクラブ・ロンドン本部を軸として、日本・中国・インドがそれぞれの立場から行った、1921年以降の国際文化交流および文化発信の覇権闘争について、総合的に考察する。具体的には、1931年以降の、日本の国策的文化政策、中国ペンとその中国知識人の日本への抵抗運動、そしてインドのマドラス神智学協会による国際的文化発信の相関などに着目する。

The purpose of this study is to examine the cultural exchange and rivalry among Japan, China and India PEN club after 1921 on the axis of International PEN club in London. Specifically, this research will consider topics like an international cultural policy of Japan and Japan PEN club in prewar period, China PEN club's resistance against Japan, Chinese intellectuals belong to China PEN and an unique promoting intellectual culture overseas by India PEN club and Theosophical Society in Madras.

日露戦争捕虜時代にみるヨシフ・トルンペルドール社会主義シオニズムと集産農業団体(キブツ)思想の起源
Evolution of Joseph Trumpeldor's Socialist Zionism and Collective Agricultural Community (Kibbutz) Thought at the time of his Internment in Japan during the Russo-Japanese War (1904-1905)

代表:ジンベルグ・ヤコブ
Yakov Zinberg

本プロジェクトの目的は、「キブツ」の名で広く知られるパレスティナにおけるユダヤ人農業共同体の創設者の一人であるヨシフ・トルンペリドールが、日露戦争の捕虜として日本に滞在していた時期の意識の変遷を研究することにある。 広い枠組みでは、日露戦争がアジア諸民族の民族意識の高まりに及ぼした影響が、本プロジェクトの研究対象である。更に、文書資料を検証することにより、日本政府がなぜ、ユダヤ人捕虜の意識の高まりを促そうとしたのか、その動機を明らかにすることができよう。

The project aims at identifying the evolution of Socialist Zionism convictions and collective agricultural community (kibbutz) thought of Joseph Trumpeldor, a legendary hero of the Russo-Japanese war, during his internment in Japan as a Russian prisoner-of-war. In a wider perspective, the project is devoted to contributing towards understanding the impact of the Russo-Japanese war on self-consciousness growth among the peoples of Asian origin. Yet another purpose of the project is to determine the reasons why Japan's government was willing to support the spread of Zionist thought among Russian prisoners-of-war of Jewish descent.

ホスピタリティ再考
Hospitality Reconsidered

代表:梶原 景昭
Kageaki Kajiwara

この研究は、ホスピタリティの人類学的研究(異人歓待や他者理解)、経済・経営的研究(ホスピタリティ産業、ホスピタリティ・マネジメント)、社会学的研究(移民・「難民」の研究)、哲学的研究、そして新しい社会概念や社会モデルとしてのホスピタリティの可能性など分野をこえてこの概念、実態に注目し、その総合的研究を行い、成果を研究シンポジウムとして発表する。

This research project aims to synthesize a wide range of hospitality studies from various viewpoints such as anthropological (guest-host relations, strangers), economics-management (hospitality industry, hospitality management), sociological (immigrants, refugees, diaspora), philosophical (J.Derrida), and hospitality as a new social concept model. In the course of this pursuit, we will have several discussion meetings and a research symposium.