20172016 │2015 │2014201320122011201020092008

プロジェクト(2015)

グローバル化の進展と東アジアの相互理解の総合研究
General Studies on Globalization and Mutual Understanding in East Asia

代表:平川 均
Hitoshi Hirakawa

東アジア経済は過去半世紀以上にわたって高成長を謳歌してきた。その結果、現在、東アジアは世界で最大の経済圏のひとつとなった。しかし、域内の構成国間では外向的対立やナショナリズムの対立が深刻である。この地域が繁栄を続けるためには、平和に向けた地域の制度と相互理解が求められる。本プロジェクトでは、相互理解に向けた諸問題について考える。
East Asia's economy has been enjoying hyper-growth for more than past a half century. As a result, East Asia has now become one of the largest economic zones in the world. However, diplomatic and nationalistic conflicts among states become serious in this region. For the further regional prosperity and peace, regional institutions and mutual understanding are needed. In this research project, issues of mutual understanding will be considered.

東アジアと西欧世界における学問発展と日本-18世紀における学問のグローバル化の進展と日本儒学
Philology of East Asia and the West: A Comparative Study

代表:竹村 英二
Eiji Takemura

本プロジェクトは、十八〜十九世紀日本と中国の古典テクスト研究を、西欧における文献研究の発展の様相と比較しながら考察することを目的とし、海外から西欧の文献研究の専門家を招聘し、シンポジウムを開催する。具体的には、海外から A. Grafton(プリンストン大)、S. Pollock(コロンビア大)、M. Witzel(ハーバード大)、H. von Staden(高等研究院)、B.A.Elman(プリンストン大)らを招聘する。
The scholarship of c.18th and c.19th 'evidential Confucians' (考証学派) in China and Japan has been studied by the research cluster centered around my kaken-hi project, and that was compared with philologie of Germany in a similar period. Bearing the intellectual findings that we acquired through our research, we now aim to expand the scope of comparison. Such esteemed scholars as Professors Sheldon Pollock, Anthony Grafton, Benjamin A. Elman are invited to the prospective symposium to further the research described above. The rendezvous of this sort should create a good synergy between the high standard evidential quality of Chinese and Japanese evidential scholarship and the visions and methodologies shared among such esteemed scholars named above, that have not necessarily yet been acquainted by Japanese Sinologists.

広島・長崎原爆投下・ホロコースト終結70周年に鑑み二つの悲劇の、比較展望による再評価。杉原千畝の活動に関する新資料と新たな事実による再評価
70 YEARS SINCE THE END OF WORLD WAR II: REVIEWING A-BOMBINGS OF HIROSHIMA AND NAGASAKI, THE HOLOCAUST AND SUGIHARA CHIUNE'S ROLE

代表:ジンベルグ・ヤコブ
Yakov Zinberg

2015年は、第一次世界大戦時におけるアルメニア人虐殺から百年、広島と長崎に原爆が投下されてから70年、そしてユダヤ人に対するホロコースト終結から70年目の年にあたる。本プロジェクトは、歴史におけるジェノサイドの研究成果を踏まえ、広島・長崎市民とヨーロッパ在住ユダヤ人の大量抹殺を比較分析しようとするものである。プロジェクトでは、大量虐殺からユダヤ人を救済した日本の外交官杉原千畝の役割を新資料をもとに再評価する作業も中心となる。
2015 marks the 100th anniversary of Armenian genocide and the 70th anniversary of the end of Holocaust and the A-bombings of Hiroshima and Nagasaki. The project aims at a critical comparative review, through genocide research tools, of the extermination of European Jewry and civilian population of Hiroshima and Nagasaki. The project will also reexamine, applying newly discovered documents, the role of Sugihara Chiune, a Japanese diplomat who saved thousands of Polish Jews on the eve of World War II.

ジャワ王宮文化の現状―王宮の慣習と儀式を中心として―に関する国際共同研究、及びスカルノ元大統領に関する国際共同研究
International study of "Present state of the Javanese palace culture" and "Former President of Indonesia, Soekarno"

代表:柴田 德文
Tokubumi Shibata

「ジャワ王宮文化」の現状に対する現地調査については、「王宮」という存在の特殊性やインドネシアの国内政治上の理由などによって その学術研究は殆ど実施されてこなかった。2015年度は「ジャワ王宮の儀礼」の現状を明らかにすることを中心的な課題とする。 スカルノ元大統領に関する事績研究については、スカルノ家よりそのために同家が保有する資料の使用を特に許可する旨の提案もなされている。同研究は諸般の事情よりインドネシア現地や日本はおろか世界でもあまり進んでおらず、今後の発展の余地は大きい。
Research on the Javanese Palace culture has seldom been undertaken due partly from the political reasons or the its touchy situation as the palace. "Rituals in the Javanese Palace" is to be the central issue of the study in this year. The study of the achievement of the first President of Indonesia will be done cooperating with Soekarno Family.

ホスピタリティ再考
(研究シンポジウム)ホスピタリティの行方:日本社会の対外観、対外対応について
(学生向け講演会)ホスピタリティ再考1、2
Hospitality Reconsidered

代表:梶原 景昭
Kageaki Kajiwara

近年、経営学、人類学、社会学は当然のこととして、哲学や移民研究など広範な分野で学術的議論から経営実践に到るまで、ホスピタリティの概念とその諸相に対する関心が高まっている。この研究プログラムでは、当該テーマに関する、哲学的、社会学的な探求をめぐる研究会を2回、より実践的なホスピタリティ産業の現状についての啓蒙学的研究会を2回(特に学生対象)、そしてこのプロジェクトが経年的であったことを踏まえ、中間総括的な研究シンポジウムを1回開催する。
The notion of hospitality has drawn a good deal of academic attentions in various fields of inquiry such as philosophy, sociology, anthropology, immigrant studies, and, of course, management of hospitality industries. The above development in mind, this project aims to grasp a wide scope of the theme and to highlight the significance of the theme in contemporary global societies by organizing forum and a research symposium on the meaning and social relevance of the theme.

文化遺産保護における日・韓の共通点と相違点:より良い協力に向けて
Common and Different Points in the Conservation of Cultural Heritage between Japan and Korea : For Better International Collaboration

代表:西浦 忠輝
Tadateru Nishiura

日本と韓国は、歴史的・文化的に共通する点が多い。両国とも、近年の経済発展とグローバリゼーションによって、伝統文化が失われ、開発等によって危機にさらされている文化遺産も少なくない。一方、科学技術の進歩により、文化遺産の保存修復技術の向上も加速している。そこで、 ここ50年間における文化遺産保護の現状と対策について、日・韓を比較、検討し、より良い協力関係の構築に向けての調査研究を行うものである。
There are many common points in history and culture between Japan and Korea. In the two countries, traditional culture is lost by recent economic development and globalization, and there is a lot of cultural heritage exposed to crises by development. On the other hand, scientific technologies for the conservation of cultural heritage have been highly developing. Hence, we will conduct the research on the common and different points in the conservation of cultural heritage between Japan and Korea during these past 50 years. This research is for the construction of better collaborative relationship between Japan and Korea.

新大久保多文化地域の民族誌的調査とドキュメンタリー制作
Ethnographic Study and Documentary-making of Shin-Okubo Multicultural Neighborhood

代表:土佐 昌樹
Masaki Tosa

新宿区新大久保駅を中心とする地域は、200軒以上のエスニックレストランが立ち並び、多文化化・多民族化が進行する特徴的なエスニックタウンとなっている。この地域の民族誌的調査を実施することで、多民族構成の地域コミュニティがどのような可能性と矛盾を抱えているか明らかにし、日本とアジアの関係性の将来を考えるときのひとつのモデルスタディを提示したい。さらに、調査の過程を映像記録に残し、ドキュメンタリー映画の制作を目標とする。
The neighborhood around Shin-Okubo Station has formed a very distinctive multicultural town along with the proliferation of more than two hundred ethnic restaurants. The ethnographic study of this neighborhood will present a chance of examining the possibility and contradiction of multiethnic local community, and a model case to discuss future relationship between Japan and Asia. We will film the process of the research, and make a documentary as our final goal.

国際ペンクラブの研究――日本・中国・インドの文化交流と覇権闘争
The study of international PEN club : struggles and cultural interchanges among Japan, China and India

代表:目野 由希
Yuki Meno

目野は2015年度、学内で「近現代日印関係史研究会」を主宰する。この研究会では、まず七月にデリー大学のタリク・シェーク先生をお招きし、「インドにおける日本研究の現在」というご講演をお願いする。次に今年後期、目野が日本・中国・インドの文化交流と文化政策上の交差を考察した「戦前期日本ペンクラブの研究(仮)」を刊行するため、これに基づいた口頭発表を行う。
Yuki MENO hosts international conferences "Modern India-Japanese History Research Workshop"in 2015. Firstly She invites Dr. Tariq Sheikh(Delhi university) whose major is Japanology from India in July. He is asked to deliver a talk on "Today's Japanology in India" at Kokushikan University. Secondly She publishes and presents a book on the study of international PEN club and its struggles and cultural interchanges among Japan, China and India at the AJ workshop.

多文化地域社会における課題と展望 ―関東近県の事例を中心として―
Issues and Prospects for the Future in Multicultural Communities: Cases in Kanto and Neighboring Prefectures in Japan

代表:小池 亜子
Ako Koike

多文化を背景にもつ人々が数多く在住する地域の社会課題、特に子どもの教育に焦点を当てて公開研究会を開き、実践研究報告及び今後の活動に向けての討議を行う。第1回(7月18日)は概論、第2回(8月8日)は学校教育、第3回(日程調整中)は地域社会をテーマとして各分野の専門家を招聘する。広く一般に公開して議論の場を提供し、近隣地域の関係諸機関と本学との連携推進の機会としても位置づける。
This program focuses on social issues in chosen multicultural communities in Japan, specifically looking at the problems in the field of education of foreign children. Three workshops, all open to the public, will be held throughout the year. The first session will be an introduction to the program, to be held on July 18th. The second session, to be held on August 8th, will focus solely on the education issue. The third workshop, date to be determined, will emphasize community support programs. Experts in each field will share insights and experiences. We anticipate that this program will provide excellent opportunity for collaboration with concerned institutions and Kokushikan University.

筝曲における西洋音楽の受容過程
The process of introducing western music into Koto music

代表:河先 俊子
Toshiko Kawasaki

筝曲は明治期以降、クラシック、ジャズ、ポップスなど西洋音楽の影響を受けて、変容している。本プロジェクトでは、これを文化変容の一例とみなし、代表的な楽曲について西洋音楽の要素をどのように取り入れたのか分析すると同時に、作曲家数名へのインタビューを通して、西洋音楽を筝曲に取り入れるにあたってどのような葛藤があり、それをどのように乗り越えたのか明らかにすることを目的とする。また、ヘビーメタルの曲の編曲作業を通して、更なる西洋音楽との融合の可能性を探る。
Japanese traditional music, Koto has been changed under influence of western music such as classic, jazz and pops since Meiji Period. This project will analyze representative compositions for Koto and show how some elements of western music were introduced into them. Interview with several composers will show in the process of combining western music and Koto music what kind of conflicts they experienced and how they overcame them. In order to examine possibility of further integration of western music and Koto music we will arrange heavy metal music for Koto.

21世紀アジアにおける国際協力とNGOの役割 − NGOと食品
International Cooperation and Role of NGOs in the Asian 21st century − NGO and Food

代表:中山 雅之
Masayuki Nakayama

これまで8年間、進めてまいりました『21世紀アジアにおける国際協力とNGOの役割』の研究活動。この度は主にNGO等が行いますフェアトレードの中でも特に食品に焦点を当て、実のところどのくらいの成果を上げているのかということを明らかにすることを中心課題としてプロジェクトを進めます。
The last 8 years, a study of lecture and symposium has been held mainly focusing on the leader of NGOs. The main theme was International Cooperation and Role of NGOs in the Asian 21st century. This year, we focus on the 'fair-trade' and food. In particular, we investigate the result and the evaluation method.