2017 │2016 │20152014201320122011201020092008

プロジェクト(2016)

東南アジアにおける日本人スポーツ選手のキャリア形成
Carrier formation of a Japanese sports player in Southeast Asia

代表:後藤 貴浩
Takahiro Goto

現在、東南アジアのプロサッカーリーグには、100名近い日本人選手が所属しているといわれる。彼らは、どのようにしてそこにたどり着き、どのように暮らし、そして、これからどのように生きていくのであろうか。本プロジェクトでは、シンガポールで日本人プロサッカー選手として活躍し、引退後、現地でスポーツビジネスを展開する元選手を事例に、東南アジアにおけるスポーツ選手のキャリア形成とスポーツビジネスの可能性について探求する。
Nearly 100 Japanese players recently belong to a professional soccer league in Southeast Asia. How did they arrive there? How do they live? How will they live in the future? This project is a case study of a former player who is developing a sports business after working as a Japanese professional soccer player in Singapore. The purpose of this project is to explore the carrier formation and sports business of a Japanese sports player in Southeast Asia.

ジャワ王宮文化の現状に関する国際共同研究・スカルノ元大統領に関する国際共同研究
International study of "Present state of the Javanese palace culture"and "Former President of Indonesia, Soekarno"

代表:柴田 德文
Tokubumi Shibata

「ジャワ王宮文化」の現状に対する現地調査については、「王宮」という存在の特殊性やインドネシアの国内政治上の理由などによって その学術研究は殆ど実施されてこなかった。2016年度は昨年度大学の指示により実行できなかった研究を再開し、「ジャワ王宮の儀礼」の現状を明らかにすることを中心的な課題としたい。スカルノについての研究はインドネシア側のスカルノ研究者を日本に招聘して両国におけるスカルノ研究に関してシンポジウムを行いたい。
Research on the Javanese Palace culture has seldom been undertaken due partly from the political reasons or the its touchy situation as the palace. "Rituals in the Javanese Palace" is to be the central issue of the study in this year. A symposium on Seokarno will be held by researchers from Indonesia and Japan.

世界経済の構造変化と東アジア協力枠組みの再検討
Structural Change of the World Economy and Reconsidering Regional Cooperation in East Asia

代表:平川 均
Hitoshi Hirakawa

20世紀末には東アジアの地域協力がドラスティックに進展した。しかし、今世紀の2010年代に入ってこの協力は困難に直面している。世界の経済構造は米中の確執の時代に移りつつあるように見える。本プロジェクトは、こうしたアジアをとりまく環境の激変の中で、アジアの協力とは何か、またどう進めることができるのかを考えることである。
Late 20th century, regional cooperation took place in East Asia and has drastically advanced. However, entering the 2010s, the cooperation comes up against difficulties. Global economic structure seems to be changing to an age of discord mainly between the US and China. This project considers what kind of cooperation should be created and how to precede enhancing close cooperation among Asian countries under the changing international environment surrounding Asia.

中華人民共和国と日本の間の、琉球諸島に関する領有権係争発生の可能性
Assessing the Options for a Territorial Dispute Over the Ryukyu Islands between Japan and the People's Republic of China

代表:ジンベルグ・ヤコブ
Yakov Zinberg

周知のように、日本はロシアとの間で「北方領土」、韓国および北朝鮮とは「竹島」をめぐる領土問題を抱えている。現代世界の中にあって最大の領土をめぐる係争の当事国である日本は、中国・台湾とのあいだでも、「尖閣」諸島を巡って係争中である。しかしながら、沖縄諸島のみならず、琉球諸島全体の領有権について、中華人民共和国との間に新たな問題が発生する可能性については、事実上研究が進んでいない。  日本国政府による2012年の尖閣国有化後、2013年5月8日付の中国共産党中央委員会機関紙『人民日報』紙上で、中華人民共和国社会科学院所属の著名な研究者Li Guoqiang(リ・グオチャン)とZhang Haipeng(張海鵬)は、日本の琉球諸島領有権に疑問を呈し、この問題を中華人民共和国の国益に沿って見直すよう提案した。また、2013年5月10日には、同上研究者2名が中国共産党中央委員会の機関紙『人民日報』の国際版『グローバルタイムズ』紙上で、中国は、沖縄の日本からの分離を主張する地元の運動を基本的に支持する可能性があるとし、日本の国家領土保全に脅かす発言をおこなった。  本プロジェクトは、上記の問題を、アジア太平洋地域におけるアメリカの軍事プレゼンス問題も包括する形で全面的に検討することを目的とする。
The project examines a territorial dispute risk, involving Japan, PRC, Taiwan and the United States, in relation to the status of the Ryukyu Islands. A highly important strategic area, the Ryukyus requires critical attention as a potential conflict area engaging major regional powers.

近現代日印文化交流研究
The modern Indo-Japanese cross-cultural research

代表:目野 由希
Yuki Meno

これまで申請者が行ってきた日印交流研究の共同研究を、新たに大阪大学に赴任した若手インド人研究者らとともに進め、2016年時点での若手を中心とする日印研究交流を発展させる。南アジアの日本研究者から、現在の海外での日本研究の現状を日本で報告し、次年度以降、日本の若手研究者がインド渡航して講演・研究をする策定をすすめる。
This investigative purpose is that; promoting the study of international exchange of modern Indo-Japanese history, strengthening cooperation with young researchers between India and Japan.

「ホスピタリティ」の行方
The horizon of 'hospitality'

代表:梶原 景昭
Kageaki Kajiwara

これまで主として、観光、レジャー産業やそのマネジメントと結びつけられて論ぜられてきた「ホスピタリティ」の領域と概念を、他者理解、ユニヴァーサル・デザイン、移民・難民の受け入れなど、対他関係として括られる、より広い領域の問題として再考し、新しい社会モデルや社会モラルの問題として位置づける試み。
Hospitality, first of all, has been studied in fields of tourism, hospitality industry and business management. As recent development has shown, however, growing interests in hospitality studies have spreaded in various other fields of inquiries, such as migrants/refugee studies, social philosophy, political science and other social science perspectives, which would enhance the significance of the notion'hospitality'. This research project situates the meaning of hospitality in the contemporary wider perspective and look after the importance of the notion for the coming age.