2010年度 世田谷市民大学 連続講義


「アジアの家族」

第5回 松岡先生 5月19日 4/9
インドの家族1 大家族制から核家族へ
結婚となると、このジャーティの中で相手を選ぶというのがまず一番の条件になります。ただ、同じジャーティの中で結婚できない範囲というのもあるんです。例えば、あまりに近い親戚は駄目。それから伝説上の言い伝えなんですが、もともとうちの家系は何とかという聖人から出てきた家系だというのがあるんです。それをゴートラといいます。そのゴートラが同じであるといけない。ということで、婚姻が禁じられている範囲は除いて、同じジャーティ、少なくとも同じヴァルナの中で結婚対象を考えるわけです。
今、近い親戚は駄目と言いましたが、実はこれも多様なインドでは例外がありまして、いとこ婚がいいとされている地方があったり、おじと姪の結婚がオーケーと言われている所もある。このようにインドは一筋縄ではいかないんですが、こういうのがあるにしても、同じジャーティの中での結婚が一番に推奨されるわけです。
同じカーストである、それから、非常にお金持ちの家庭なんかですと、例えば貧しい家の娘をもらったりすると家風が違ったりする。親は自分と同じような経済状態の家の人を探します。結婚後うまくいかない可能性のある要因をすべて取り除いて、これなら大丈夫という相手を親たちが探してくる。
親たちが探す時に、仲介人に頼むこともあります。親族の誰かが紹介してくれる、あるいは床屋さんがプロの仲人の役割を果たすところも多くて、床屋さんが「お宅のお年ごろの娘さんにちょうどいいお婿さんがいるんですけど」という話を持ってくる。そういう人が仲立ちになる場合のほか、新聞の求婚広告で探す場合もあります。
新聞の求婚広告は、毎週日曜日にどの新聞もそれを特集した別冊が付くんですが、今年3月に行った時のものを見ると、別冊の8ページ全部に求婚広告がびっしり載っています。「花嫁求む」と「花婿求む」とに分かれていて、カースト名が書いてあってその中での相手を求むというものとか、地域が書いてあってその地域の人を求むとか、いろんな条件が出ています。それで花嫁、花婿を募集して、応募してくる人から選んでいくわけです。
花婿募集広告をちょっと見てみますと、例えばある広告にはカーヤスタというクシャトリア階級のカースト名が書いてあります。「私はカーヤスタで、30歳と少々の年齢です。身長は5フィート5インチで」、その次に「fair(色白)」と書いてあるんですが、ここが重要なんですね。特に花嫁の自己アピールの中では、色が白いというのが非常に大切になります。色が白いほうがインドでは歓迎されるんです。ここには「色白で美人のワーキングガール」というふうに書いてあります。「バンガロール在住のカーヤスタかバラモン階級の良き青年を求む」とこちらの希望を書いているわけです。ほかに、自分の教育程度はこれこれですと書いている人もいるし、こういう人を望むという条件をもっと詳しく書いている人もいて様々なんですけれども、自己アピールと望む条件とがそれぞれ書いてあります。
面白いのは、あるベンガル生まれのバラモン階級の女性なんですが、「Caste no bar」と書いてあるんですね。「カースト不問」ということです。これはなぜかというと、バラモン階級というのは一番上の階級です。男性の場合は、同じカーストの中で見つけられなかったら自分より下のヴァルナの女性でも結婚ができるんです。ところが女性の場合は、自分より下のヴァルナの男性とは結婚できない。上の人を選ぶしかないんですが、一番上のバラモン階級だと非常に範囲が狭まってしまうわけです。そのためこの人は、私はバラモンですけれども別にカーストは問いません、私より下の人でもオーケーです、といって、世間の常識を破る広告を出しています。これなどを見ると、インドの結婚も非常に近代化されてきたなというふうに思います。