2014年度 世田谷市民大学 連続講義


「生まれるアジア、老いるアジア」

第8回 松岡先生 11月17日 1/5
香港の「長者」ライフ 〜返還が保障した老後〜
<レジュメ>
1.香港の歴史
      1841年 阿片戦争後の南京条約により、清はイギリスに香港島を永久割譲
   1856年 第二次阿片戦争後の北京条約により、九龍半島も永久割譲
      1898年 イギリス、新界を99年間租借
      1911年 辛亥革命
      1912年 孫文の中華民国成立、清朝滅亡
      1941年  日本軍香港を占領
      1945年 太平洋戦争終結→国共内戦で難民香港へ
      1949年 中華人民共和国成立→難民香港へ流入
      1966年 文化大革命始まる(〜76)→難民香港へ流入
      1967年 反英暴動
      1982年 サッチャー英首相訪中、英中交渉開始(〜84)
      1985年 合意文書正式発効、香港返還へ
       〜香港は特別行政区、50年間制度不変
      1997年 香港返還/アジア通貨危機
   ↓
   2046年 香港特別行政区消滅

2.返還前の高齢者福祉政策
  1843年〜1970年代 イギリスの植民地政府は高齢者福祉サービスは眼中になし〜西洋の社会奉仕団体と、
      それに関連するNPOが活動
  1965年 「社会福祉事業の目標と政策」発表
  1971年 高齢者への公共援助(現金)開始、高齢者介護セミナー開催
  1973年 身障高齢虚弱者手当の支給開始〜75歳以上、無拠出制(当人の積み立て等がないこと)、
      所得審査なし
  1977年 「高齢者サービス緑書(白書)」発表〜対象者は60歳以上、「在宅介護」が第一の目的、
      手当支給は70歳以上で施設入所者も含む
  1979年 「香港社会福祉白書―1980年代に向けた社会福祉」発表
       〜高齢者福祉住宅割り当て計画進展、高齢者施設への援助など
  1987年 政府「高齢者サービス中央委員会」設立
  1989年 「1990年代に向けた社会福祉」発表
      <問題点>1.貧富の格差が広がり、貧困者が多い
           2.基本理念が「在宅介護」「社区(コミュニティ)介護」
           3.種々の社会保障、ソーシャルワーカーの不足
  1992年 最後の香港総督クリス・パッテンが赴任→社会経済の発展
       →高齢者福祉サービスの改善
  1994年 「高齢者サービス工作部会報告書」〜71項目の提案
      ・福祉政策の企画統一
      ・2億香港ドル(約26億円)の高齢者サービス発展基金を準備
      ・住宅・社会保障、社区支援サービス、入所介護サービス改善
      ・対象年齢は65歳以上に〜60-64歳は必要性の証明が必要

3.返還後の高齢者福祉政策
 (1)公共福利金計画(社会福祉)
 (2)総合社会保障援助(生活保護)〜高齢者の受給が多い。給付額は個々人で違い、
  「公共福利金」との重複受給はできない

4.65歳以上の「長者」優遇政策
 ①「長者」カード〜様々な優待を受けるための証明書
 ②「公共福利金」のうち「老人生活手当」(俗称「生果金(果物代)」)を毎月支給
  <申請条件>・香港居民として7年以上経つこと
        ・申請前の1年間継続して香港に居住していること
        ・資産や月収の上限条件あり
  <金額>毎月2,285香港ドル(29,705円)
   ※70歳以上は資産や月収に関係なく月1,135香港ドルの「高齢者手当」を支給。
    ただし「老人生活手当」との二重取りはできない
 ③交通機関
  「長者」はいつでも2香港ドル(26円)の支払いでOK
   〜「長者八達通(シニアスイカ)」を購入・使用すれば自動的にこの料金となる。
    適用は地下鉄、バス、フェリー全線。ただし、空港路線等一部を除く
 ④医療
  「長者」には毎年1,000香港ドル(13,000円)まで使えるチケットが支給される。
   2014年は試験的に上限2,000ドルのチケットを発行中
 ⑤住宅
  ・高齢者福祉住宅への優先入居
  ・家賃補助など
 ⑥その他
  ・博物館、美術館等の入場料無料
  ・映画のシニア割引
  ・レストラン、スーパー等の割引

5.「長者」たちの暮らしの実態
 ①高齢者の雇用(文献2.の表参照)
 ②在宅者の経済基盤
  ・公的年金なし、一部に企業年金
  ・政府の「公共福利金」
  ・配偶者や子女の収入
 ③老人ホーム〜「老人院」「安老院」
  ・民間有料老人ホーム(政府援助あり)
   〜月額3,000(約4万円)-10.000(約13万円)香港ドル
    高級老人ホームも増加中

[参考映像]
1.『女人,四十。』(原題:女人,四十。/1995年/香港/広東語)
   監督:許鞍華(アン・ホイ)
   主演:蕭芳芳(ジョセフィーン・シャオ)、喬宏(ロイ・チャオ)、羅家英(ロウ・カーイン)
2.『桃(タオ)さんのしあわせ』(原題:桃姐/2011年/香港/広東語)
   監督:許鞍華(アン・ホイ)
   主演:劉徳華(アンディ・ラウ)、葉徳[女閑](ディニー・イップ)

[参考文献]
1.關鋭[火宣]「戦後、香港の高齢者福祉政策の発展」沈潔編著『中圏の高齢者福祉と介護―
  中国・香港・台湾―』ミネルヴァ書房2007.
2.沢田ゆかり「香港における高齢化と生活保障―貧困の高齢化と民間セクター利用による貧困高齢者対策―」
  宇佐見耕一『新興諸国における高齢者の生活保障システム』調査研究報告書、アジア経済研究所2009.
  http://www.ide.go.jp/Japanese/Publish/Download/Report/pdf/2008_114_03.pdf
3.伊佐勝秀「変わりゆく香港」
  http://shiten.agi.or.jp/wp-content/uploads/sites/3/2014/10/shiten14-09-69-74.pdf