SEMINAR

1月30日(火)プロジェクト研究会「インドIT産業の発展と挑戦」 Seminar 'Development and challenges in Indian IT industry'woを行いました。

日時:2018年1月30日(火) 15:00~16:30
場所:町田キャンパス 30号館 2階 30201教室
講師:クルカルニ・マンダル・ヴィジャイ (インド、International Institute of Information Technology, Bangalore(I I IT-B)講師)

Date:30th, January, 2018, TUE 15:00~16:30
Venue:Machida Campus, 30th Building, 2F, 30201 Classrooom
Lecturer:Kulkarni Mandar Vijay (Adjunct faculty at International Institute of Information Technology, Bangalore (IIIT-B), India)

コーディネーター: 平川 均(21世紀アジア学部) Coordinator: Hitoshi Hirakawa (School of Asia 21)

マンダル氏の報告は、1990年代以降、ITサービス産業の発展で突如注目を集めるようになったインドの同産業の発展と現在の課題を、歴史的な視点を踏まえて分かり易く説明されるものであった。貧困の代名詞でもあったインドがITサービス産業の発展を実現した背景には、政府によるITサービス産業の支援とIT技術者の輩出があったこと、また同産業では女性労働者のシェアが高い点も重要な貢献であることが指摘された。最後に、これまで高い成長率を維持してきた同産業がこの数年、伸び率が下がっており、新たな課題の前にあることにも言及された。

学年末で学生の足が遠のく可能性のある中で、研究会には50名を超える学生が参加し、インドへの関心の高さが窺われた。

20180226183251.jpg