プロミスが提携するコンビニのATMについて

プロミスは基本的に24時間いつでも、提携するコンビニのATMで借り入れや返済ができ、それが大きなメリットとして考えられています。
しかしその際に、手数料が発生するのはデメリットと言えるでしょう。
こちらではプロミスの提携コンビニATMについての詳しい情報や、手数料が無料になるお得な情報などをまとめてお伝えいたします。

プロミスの提携コンビニATM

プロミス提携のコンビニATMには、次のような所があります。

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • スリーエフ
  • コミュニティストア
  • デイリーヤマザキ
  • 生活彩家
  • セーブオン
  • ポプラ
  • セイコーマート
  • ゼロバンク

このように、プロミスはほとんどのコンビニと提携していますので、どなたでもお近くのコンビニで借入や返済が出来ます。
セブンイレブンの記載がありませんが、ほとんどのセブンイレブンにはセブン銀行のATMがあり、そちらと提携してますので利用可能です。

プロミスの提携コンビニATMの営業時間と手数料

プロミスの提携コンビニATMの営業時間と手数料は次の通りです。

ATM 目的 営業時間 手数料
1万以下 1万超
プロミスATM 契約 9:00~22:00
借入 7:00~24:00 無料
返済
提携ATM 三井住友銀行 借入 9:00~21:00
(店舗により異なる)
無料
返済
その他銀行 借入 108円 216円
返済 108円 216円
コンビニ 借入 24時間営業
(月0:00~7:00不可)
108円 216円
返済 108円 216円
ロッピー・Famiポート 返済 24時間営業
(月0:00~7:00不可)
無料

ここからはコンビニATMの特徴をご紹介します。

基本は24時間営業。手数料は1万円以下の借入れ・返済は108円、1万円超は216円

ATM 目的 営業時間 手数料
1万以下 1万超
提携ATM コンビニ 借入 24時間営業
(月0:00~7:00不可)
108円 216円
返済 108円 216円
ロッピー・Famiポート 返済 24時間営業
(月0:00~7:00不可)
無料

提携コンビニATMの特徴

提携コンビニのATMは、基本的に24時間営業していて大変便利ですが、メンテナンス時間は利用出来ない時間帯もあるため、その点ご注意下さい。

  • プロミスメンテナンス時間 … 毎週月曜日午前0時から7時
  • セブン銀行メンテナンス時間 … 毎日23時50分から0時10分

提携ATMの手数料は、借入・返済ともに、1万円未満の取引で108円、1万円超の取引で216円掛かり、これがコンビニのATMのデメリットと言えます。
しかし、実はこの手数料が無料になる方法が2つあるのです。

  1. プロミスのポイントサービスを利用する。
  2. コンビニ端末「Loppi」「Famiポート」を利用する。(返済のみ)

それぞれについて詳しくご説明します。

プロミスのポイントサービスを利用する

プロミスではポイントサービスを実施しています。
登録する事で、貯まったポイントに応じて次のサービスを受けられます。

  • 提携ATM手数料無料サービス
  • 無利息サービス

このうち、提携ATM手数料無料サービスは、貯めたポイントを40ポイント使う事によって、提携ATMが最大2か月の間無料で利用出来ます。

ポイントは、インターネットの会員ページの様々な機能を利用する事で貯まります。
例えばポイントサービスへの申し込みだけでも100ポイント、月に1度会員ページにログインすると10ポイントが付与されます。
サービスへの登録は無料ですので、これを利用しない手はありません。

コンビニ端末「Loppi」「Famiポート」を利用する

利用するコンビニが、ローソン・ミニストップ、またはファミリーマートのでは、そこに置かれている下記の端末では、手数料が掛からず返済が出来ます。

  • Loppi … ローソン・ミニストップ
  • Famiポート … ファミリーマート

これらの端末にプロミスのカードを入れて、機械の指示に従って手続きをして下さい。
手続きが完了すると「申し込み券」が発行されるので、それを持って30分以内にレジにき、返済するお金を支払います。
小銭も扱えるので、完済時の端数の返済にも便利です。

まとめ

コンビニの提携ATMは、いたるところにあり24時間利用できるというのが最大のメリットです。
ただし、メンテナンス時間は使えない事と、手数料が掛かるという点には注意が必要です。
しかし、上記でご紹介したような方法で、手数料が掛からずに利用するという事も可能となります。
これらを念頭において、コンビニのATMを活用していただけたらと思います。

プロミス

関連記事

  1. プロミスで借りるのは危険なのか?

  2. プロミスでの借り入れ方法3つと、そのメリットとデメリット

  3. プロミスでの借り入れと返済の単位

PAGE TOP