プロミスで借りるのは危険なのか?

急な出費でお金が必要になった方や、生活費が足りなくて困っている方の中には、消費者金融でのキャッシングを検討されている方もいらっしゃると思います。
そして消費者金融の中でも、テレビコマーシャルや電車の中の広告等でよく見かける「プロミス」を、選択肢として考えられている方もいらっしゃるでしょう。

しかしそういった方も「本当にプロミスからお金を借りて大丈夫だろうか。」と不安を感じられているのではないかと思います。
こちらでは、プロミスは安心して利用出来る会社なのかどうか、詳しく解説して参ります。

プロミスが安心できる会社である理由

結論から申し上げますと、プロミスは初めての方でも安心して利用出来る会社です。
その理由をお伝えいたします。

  • プロミスを利用した事を家族に知られる心配がない。
  • 借り入れ残高に合わせた返済額が設定される。
  • 30日間の無利息サービスがある。

それぞれについて詳しく解説します。

プロミスを利用した事を家族に知られる心配がない

プロミスの申し込みで「WEB完結」の方法を選べば、家族に知られる事なく借り入れが出来ます。
この方法はスマホと運転免許証さえあれば、簡単に申し込みが出来るものです。
また申し込みする際に、口座振替での返済を選ぶ事で、自宅宛の契約書類などの郵送もありません。

借り入れ残高に合わせた返済額が設定される

プロミスでは、借り入れ残高に合わせた、毎月の最低返済額が決められています。
ですからご自分の返済能力に応じた返済額の負担で済むのです。
プロミスで設定されている最低返済額は、次のような計算になります。

借入残高 毎月の最低返済額(※)
30万円以下 借入残高×3.61%
30万円超過~100万円以下 借入残高×2.53%
100万円超過 借入残高×1.99%

※千円未満は切り上げ。

例えば10万円借り入れ残高がある人の場合の計算は次の通りです。

  • 10万円 × 3.61% = 3,610円

千円未満は切り上げのため、この場合の最低返済額は4,000円になります。
またプロミスで利用限度額まで借りると、最低返済額は次の通りです。
この場合、利用限度額は自身の年収の3分の1とします。

利用者の年収 利用限度額 最低返済額
15万 5万 2,000円
30万 10万 4,000円
50万 16万 6,000円
100万 33万 9,000円
200万 66万 17,000円
300万 100万 26,000円
400万 133万 27,000円

このように最低返済額は年収200万円の人は17,000円、年収が300万円の人は26,000円です。
プロミスのような消費者金融では、貸金業法の総量規制により、申し込み者の年収の3分の1以上のお金を貸す事は出来ません。
そのため、他社の利用状況にもよりますが、利用限度額はどんなに高くても自身の年収の3分の1以下となるのです。
年収が100万円の人が150万円借りるという事はあり得ないため、その人の返済能力に合った返済が可能なのです。
毎月の返済が不安な方でも、このように無理なく返済出来ますので安心して下さい。

30日間の無利息サービスがある

初めて利用される方に向けてプロミスでは、30日間無利息のサービスを用意しています。
このサービスは、初めてお金を借りた日の次の日から、30日の間は利息がつかないというものです。
これを利用する事で、プロミスから借りたお金に掛かる利息を大幅に減らす事が出来ます。

例えば、初めてお金を借りてから30日の間に完済すれば、利息は0円です。
またその期間に返しきれなくても、利息が発生するのは無利息の期間が終了してからです。
このサービスを使えば、消費者金融よりも金利が低い銀行よりもお得にお金を借りられる可能性もあります。
次の表は10万円借りた場合、2つの銀行カードローンとプロミスとで利息を比べたものです。

 1ヶ月3ヶ月6ヶ月12ヶ月
プロミス
(金利:年17.8%)
0円1,199円3,098円8,320円
みずほ銀行カードローン
(金利:年14.0%)
2,345円2,942円4,731円8,373円
三井住友銀行カードローン
(金利:年14.5%)
2,430円3,052円4,903円8,683円

プロミスの上限金利は17.8%で、銀行よりも高くなります。
しかし短期間で返済した場合には、利息の総額はプロミスの方が安くなっています。
つまり30日間の利息が掛からないというサービスによって、借入期間が短いほど銀行カードローンに比べて少ない利息で融資を受けられる事になります。

プロミスは安全な消費者金融

プロミスは安全な消費者金融の会社です。
その理由は次の通りです。

  • 国の許可を受けた正規の金融業者である。
  • 利用者数が多い。
  • 審査は信用情報機関に照会して行われる。
  • 総量規制に従って融資を行う。

それぞれについて詳しく解説します。

国の許可を受けた正規の金融業者である

またプロミスは日本貸金業協会から認可を受けているため、国の許可を受けた正規の金融業者であると言えます。
このような正規な業者は、違法な取り立てや法外な利息を請求するような事は絶対にありません。
プロミスから借り入れする事に不安をお持ちの方は、安心していただいて大丈夫です。

利用者数が多い

プロミスのカードローンの利用者数は、大手消費者金融の中ではアコムに次いで2番めに多くなっています。
利用者数が多いという事は、それだけ信頼されているという事です。

カードローン名 利用者数
アコム 約149万人(※1)
プロミス 約131万人(※2)
アイフル 約79万人(※3)
SMBCモビット 約42万人(※4)

プロミスを利用した人の口コミには、テレビコマーシャルなどで見かける事が多くて安心感があった、という方や、30日間の無利息サービスが決め手になった、というようなものがあります。
口コミは100%信用するものではありませんが、様々なものがあるので参考にしてみるのもよいかもしれません。

審査は信用情報機関に照会して行われる

プロミスの審査は、信用情報機関に申込者の情報を照会して行われます。
審査もしないで誰にでもお金を貸すような、怪しい業者ではないのです。

信用情報というのは、借り入れやクレジットカードの申し込み履歴や利用状況が記録されたもので、これらは信用情報機関に保管されています。

プロミスに申し込みすると、担当者は申告に虚偽や誤りがないか確認しながら審査を進めます。
その過程で信用情報機関に申込者の情報を照会し、過去に延滞や金融事故がないかを確認するのです。
これまでそのような過去がない方は、審査に通る可能性が高いので、安心して申し込みする事ができます。

しかし申告内容に虚偽があった場合や、過去に延滞などしている人の場合は、プロミスの審査には通りませんので注意して下さい。

総量規制に従って融資を行う

プロミスでは貸し金業の総量規制に従って融資を行っています。
総量規制とは、貸金業者は申し込み者の年収の3分の1以上の金額を貸してはいけないという法律で、利用者を守るためのものです。
例えば年収300万円の人は、貸金業者から100万円を超えるお金は借りられません。
複数の業者から借りている場合には、合算してその金額までになります。

年収の3分の1までしかお金を借りられないという事は、自分の返済能力を超えた借金は出来ないという事です。
ですから、お金を借り過ぎてしまうかもしれないと心配な方でも、安心して利用出来ると考えられます。

プロミスの3秒診断

プロミスで初めてお金を借りたいとお考えの方は、まずはプロミスの公式ホームページにある「3秒診断」を試してみる事をお勧めします。

これは生年月日や年収、それに現在の他社からの借り入れ状況を入力すると、約3秒でプロミスからお金を借りる事が出来るか診断されるものです。
「ご融資可能と思われます。」という表示があった場合には、プロミスからお金が借りられる可能性が高くなります。

ただし、これはあくまでも簡易的な診断です。
様々な情報を申告して申し込みをしたら、実際には審査に通らなかったという事もあり得ますので、目安程度にお考え下さい。

プロミス

関連記事

  1. プロミスでの借り入れと返済の単位

  2. プロミスでの借り入れ方法3つと、そのメリットとデメリット

  3. プロミスが提携するコンビニのATMについて

PAGE TOP